無料ブログはココログ

« 拉致問題 | トップページ | 敬老の日 »

個人情報

「おわび料500円」は妥当か-。通信教育大手のベネッセコーポレーションの顧客情報が大量流出した問題で、親会社のベネッセホールディングス(HD)は、対象の顧客に500円相当の金券を送ることにした。金額への評価は分かれそうだが、過去の類似案件の「判例」に沿った判断だったのは確かなようだ。(産経新聞)

個人情報の漏えいでベネッセコーポレーションが、おわび料として対象の顧客に500円の商品券を渡すことにした。それが妥当かどうかが問われている。

個人情報は保護されるべきものであり、漏えいされたら今後何に使われるかという不安が襲ってくる。実際に、名簿業者に売られてしまって、全然知らない業者からDMがやってきたりする。

住所、氏名、生年月日、家族構成と申し込みのときに書き込むが、もし怪しい会社だったら、途中でやめようと思うものだ。しかし、ベネッセのような学習する教材を扱うところだったら安心して書き込んでしまう。

しまじろう、とか進研ゼミとかを扱っていることもあって、学生のみならず、幼稚園からずっと大学受験を目指す人たちまで、その数は相当数となる。添削して返してくれる、通信性のものもあるので、どうしても必要事項は記さないわけにはいかない。

そこで一旦、漏えい事件が発覚してしまったら、どのようにすべきか。会社としては最初は保障もなにもしないとしていた。しかし、その態度を変えて該当者に対して500円を商品券で負担する。

漏えい事項が、預金通帳などのナンバーまで行っていたなら、そんな額ではとうてい保証はできない。今のところ、ナンバーの漏えいはないとのことではある。

もし自分が被害者だったら、どうだろうか、多い、少ないということより、本当にその行為に対して心からお詫びする気があるのかどうかを問うだろう。そうでなければ、また同じような犯罪は起きしまう。かといって何らかの形は見せないといけないことも確かだろうから、心からお詫びして渡すようにすればいいのではないか。それにしても残念なはなしだ。もっと早いうちにわかっていれば食い止められただろうに。 

« 拉致問題 | トップページ | 敬老の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1063649/57370891

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報:

« 拉致問題 | トップページ | 敬老の日 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31